羽村市の歯医者、うすい歯科・矯正歯科クリニック インプラントセンター

どこの歯科医院でインプラントを行えばいいか分からない方へどこの歯科医院でインプラントを行えばいいか分からない方へ

どこの歯科医院でインプラントを
行えばいいか分からない方へ

インプラント イメージ画像インプラント イメージ画像インプラント学会は世の中にたくさんありますが、また学会に認められるドクターに与えられる「認定医」資格も、それぞれ取得の難易度が異なります。認定医の取得まで何年も研鑽を積んでようやく与えられるものから、中にはたった1日の研修に参加すればもらえる認定医など、「インプラント認定医」というだけでは信頼に足る技術を保有しているかどうか分かりません。

その中で、客観的にもより多くのドクターに支持されているインプラント学会とは、どこなのでしょうか?
まず、日本国内においては、日本口腔インプラント学会という学会を抜いては語ることはできません。何故ならば、日本口腔インプラント学会は、厚生労働省として唯一認めているインプラント治療に関する学会だからです。そして、学会の会員よりも専修医や専門医などと名称が付くほど、「確かな知識と技術を有した歯科医師」と認定されています。

さらに、世界に目を向けると、より多くの優れた学会が存在します。 AO(アメリカインプラント学会)、EAO(ヨーロッパインプラント学会)...そして、ICOI(国際インプラント学会)です。
その中でも、世界の中でその歴史と専門性に関する認知度という観点から評価すると、やはりICOI(International Congress of Oral Implantologists...国際インプラント学会)は、無視できません。

何を持って優れていると言えるのか。
それは、ICOIがインパクトファクターによって認められた学会だからです。

「インパクトファクター」とは?

世界に影響を与えた論文掲載などを点数化してランク付けされたもので、インパクトファクターで認められた学会は、世界で82学会しか選ばれていません。そして、国際インプラント学会(ICOI)はその中で36位。ちなみに、日本の学会は入っていません。

このICOIの設定している基準を満たす専門医資格は、本当に評価に値するものだと思います。
インプラント治療をより確実に安全に受けられたいのであれば、こうした学会の専門医資格を保有しているかどうかは、確かな基準であると言えます。

※「専門医」という名称は、分かりやすく表現するために用いましたが、正式な名称ではありません。正しくは、「認定医」とさらにその上の資格である「指導医」に分かれます。