羽村市の歯医者、うすい歯科・矯正歯科クリニック インプラントセンター

小児歯科小児歯科

小児歯科とは

まずは歯医者さんを好きになってもらうことから。
大切な歯のためにずっと通院できるよう、お子さまが喜ぶ工夫がいっぱい!

小児歯科 イメージ画像小児歯科 イメージ画像「乳歯ならむし歯になっても大丈夫」「子供が歯医者を嫌がるから」という理由などで、お口のトラブルを放置してはいませんか? 
また、お子さまの歯はやわらかく、むし歯になりやすいうえに進行も早いということをご存じですか?

歯とは、一生を楽しく過ごすために欠かせないもの。大人になったときに口腔内が健康であるかどうかは、お子さまのときの口腔内環境が大きく影響します。そして、お子さまの歯の将来を守ってあげられるのは、ご家族の方だけです。

小児歯科では、お子さまのむし歯治療や予防処置をはじめ、健やかな生えかわりの観察などを行ないます。お子さまの歯を守ってあげるために、日頃の正しいケアと定期検診を欠かさないようにしましょう。

小児歯科の重要性

小児歯科 イメージ画像小児歯科 イメージ画像乳歯の時期にむし歯になっていると、永久歯に生えかわるときにお口の中にむし歯菌がいることになるため、永久歯もむし歯になりやすくなってしまいます。
そのため、乳歯の時期からブラッシング習慣を身につけさせ、親御さんによる仕上げみがきをきちんと行っていくことは、とても重要です。

また、定期的にご来院いただくことで、もしむし歯が見つかっても早期に対応ができるだけでなく、生えかわりの異常なども見つけることができます。

お口の健康は、全身の健康にもつながります。小児歯科は、一生を健康に過ごすためにも、とても重要なのです。

当医院の小児歯科の特徴

痛くない治療だから、恐怖心やストレスを感じません

痛くない治療だから、恐怖心やストレスを感じません 写真 痛くない治療だから、恐怖心やストレスを感じません 写真

歯科治療に苦手意識を感じるお子さまは少なくありません。しかし治療を受けなくては、むし歯はどんどん進行してしまいます。当医院ではお子さまの治療について、レーザーを当てるだけの「削らない治療」など、できるだけ痛みが少ない方法を選択し、お子さまが通いやすい歯科医院となるよう努めています。

「お母さんが一緒だから安心!」治療に保護者さまが同席可能

しみない、痛くない薬剤 写真 しみない、痛くない薬剤 写真

慣れない診療室の空気に、不安を覚えるお子さまもいらっしゃるでしょう。
当医院では親御さんのご要望によって、お子さまの治療にご同席いただけます。お気軽にお申し出ください。

通院が楽しみになる!楽しいキッズルーム完備

  • 通院が楽しみになる!楽しいキッズルーム完備 写真
  • 通院が楽しみになる!楽しいキッズルーム完備 写真
  • 通院が楽しみになる!楽しいキッズルーム完備 写真
  • 通院が楽しみになる!楽しいキッズルーム完備 写真
通院が楽しみになる!楽しいキッズルーム完備 写真 通院が楽しみになる!楽しいキッズルーム完備 写真 通院が楽しみになる!楽しいキッズルーム完備 写真 通院が楽しみになる!楽しいキッズルーム完備 写真

診療スペースの一角に、ガラス張りの開放的なキッズルームがあります。すべり台など珍しいおもちゃが揃っていますので、慣れない場所に緊張して積極的に治療を受けたがらないお子さまも、まずはキッズルームで遊びながら、ガラス越しから診察室の様子に慣れていただけます。
ブラッシングスペースでは黄色いキャラクターがお出迎え。楽しい工夫に誘われて、いつの間にか診察を受けるのが上手になっているお子さまがたくさんいらっしゃいます。

当医院の小児歯科診療

フッ素塗布 画像

フッ素塗布

フッ素塗布 画像フッ素には、歯質を強くする効果があります。お子さまの歯面に塗布することで、むし歯に強い歯にします。定期的に行なうことで、むし歯予防に効果的です。

ブラッシング指導 画像

ブラッシング指導

ブラッシング指導 画像むし歯予防には、毎日の正しいブラッシングがとても重要です。一人ひとりのお口の状態に適したブラッシング方法を指導します。親御さんには、仕上げみがきの方法などもお教えします。

シーラント 画像

シーラント

シーラント 画像生えかわったばかりの奥歯(6歳臼歯)は、複雑な溝を持つため、むし歯になりやすくなっています。その溝をあらかじめ歯科用プラスチックで埋め、むし歯を予防します。

レーザー治療 画像

レーザー治療

レーザー治療 画像レーザーは、むし歯菌に感染した部分だけを狙ってピンポイントに照射することができますので、健全な部分を出来るだけ残す治療が出来ます。

  • 「キィ-ン」という嫌な音はありません。
  • 「ガリガリ」という削る響きもありません。
  • 通常の器具では難しい、狭い部分に対しても治療が可能です。
  • ピンポイントに照射するため、治療の痛みが大幅に軽減されます。

以上のように、お子さまにとっての負担を大幅に抑える事ができます。